仮想通貨が広まらない理由

今回は、仮想通貨が広まらない理由についてご紹介したいと思います。結論から言うと、以下の3つの理由があります。

①仮想通貨が理解しづらい

②現状、使い道がほぼない

③保有するリスクが大きい

では、1つずつ解説していきます。




①理解がしづらい

仮想通貨というのは、新しいテクノロジーであり、既存のものにはなかった技術がたくさんあって、理解しにくいというのがあります。

そのためあまり凄さを感じにくく、保有したいと思う人が少ないため、あまり普及に至っていません。

2017年に仮想通貨ブームになった時も、よくわからないけど儲かるらしいという、ギャンブル的な意味で購入した人がほとんどでした。

筆者自身、分からないことだらけではありますが、送金手数料がほぼ0で済む点や送金が瞬時にできる点、また取引所のセキュリティの問題はありましたが、仮想通貨のシステム自体、停止したり不正がなされていないという点から、未来を感じており、保有しています。

 

②現状、仮想通貨の使い道がほぼない

仮想通貨の使い道として、投資、買い物、送金があるのですが、現状として仮想通貨を持っている人のほとんどは、投資目的です。

安く買って、高く売る、というトレードを繰り返して、利益を得て短期的な投資をしている人がいれば、コツコツと買い続けて、将来価値が上がるのを待つ、長期的な投資をしている人もいます。

投資としては仮想通貨は役割を果たしていますが、既存の日本円が信用され過ぎて、買い物では全くと言っていいほど使われていません。

仮想通貨を使って買い物をしようとしても、現状DMMのネットショッピング、メガネスーパー、ビックカメラなど、限定的なお店でしか使用することができない状況です。ただし、これからコンビニで使えるようになるのではないか、という噂もあり、コンビニで使用できるとなると、またブームが来るのではないかなと予想しています。

ちなみに送金に関しては、仮想通貨に興味がある人が少なく送金相手も少ないし、送ったところで投資にしか使い道がないため、あまり使われていないようです。

 

③保有するリスクが大きい

現在、通貨の価格が安定しておらず、1日で価値が半分になったりすることも珍しくないため、仮想通貨を保有することはリスクになってしまいます。

逆に、1日で価値が2倍になったりもするため、投資対象になっているというのも現実です。

価格が安定してくると、取り扱う企業も増えてくるのではないかと予想しています。

また、面倒臭がって購入した仮想通貨をセキュリティのしっかりした、オフラインのウォレットに保管せずに、取引所に置きっぱなしにしておくと、コインチェックやZaifの時のように、ハッキングされ流出する恐れもあります。

 

以上が、仮想通貨が広まらない理由でした。

仮想通貨には問題がたくさんありますが、仮想通貨の技術はインターネット並みの革命と言われていて、これらの問題がクリアされれば、全く新しいサービスが生まれたりするのではないのかなと感じています。

もしまだ口座開設をしていない場合は、ビットバンクがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です