【評価】キャプテン・マーベルが少しややこしかった話

注意
この記事にはややネタバレが含まれます!

 

2019/3/15に『キャプテン・マーベル』が公開されました。
率直な感想としては、頭使うなあという感じです。

 

スポンサーリンク

 

作品の時系列的にはアベンジャーズが誕生する約20年前の出来事で、以下あらすじです。

記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。
彼女の過去に隠された “秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。
自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、
彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。
果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?
そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?
禁断の記憶の謎を追う、サスペンスフル・アクションが幕を開ける!

キャプテンマーベル 公式HPより引用

 

MCU作品ということで、来月公開のアベンジャーズと繋がりがあるだろうし、何よりMARVEL作品という信頼感から早速観てきました。

 

評価としては以下のような感じです。

この映画の評価
わかりやすさ
(2.0)
面白さ
(2.5)
ヒーローっぷり
(4.5)
ネコ
(5.0)
スタン・リー
(5.0)
総合評価
(3.0)

 

この映画を見て欲しい人

 

  • アベンジャーズエンドゲームをこれから見る人
  • MARVELファンの人

 

結論から言って、映画としてはそんなに面白くなかったかもです。少なくとも2回目はもう見なくてもいいかなーという感じの物語でした。

 

しかし、MARVELファンからしたら激アツポイントがいくつかあったので、これからアベンジャーズを見る人は見ておいたほうがいいと思いました。

 

Twitterを見ていると、意外と評価は高いっぽいです。

 

悪かった点

最初からわかりにくかった

 

冒頭なのですが非常に情報量が多く、流れとして、

謎の戦いのシーン

夢オチ

地球ではないどこかの惑星

なぜか組手の特訓開始(主人公の手に何やら特殊能力あり)

神扱いされているAIのところに行きお告げのようなものを受ける

みたいな感じで急にスタートし、流れがつかめずに困りました。

そこから、〇〇星の××人がどこどこと戦争中だとか、これから誰々を救出するが敵は△△星人、みたいなことが数十分続き、ずっとみんな誰だよ!?っていう状態でした。

 

新キャラが多い

 

本作が『キャプテン・マーベル』の第1作目ということで、ほぼ全員が初登場のキャラクターでしたが、終始お前誰だよ状態が続いてしまうほど、筆者にとっては登場人物が多くて覚えられませんでした。

 

主な登場人物としては、

  • クリー帝国人(主人公、司令官、その部下たち、ロナン)
  • 地球人(フューリー、コールソン、昔の親友、博士)
  • スクラル人(タロス、その他同じ顔にしか見えないスクラル人大勢)

こうしてみると少ない気もしますが、筆者はキャラの多さについていけませんでした。

 

ロナン(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの悪役)に関しては公式では「クリー帝国の法を執行する最高告発者(アキューザー)」となっていて、クリー帝国の人らしいのですが、作中では何の説明もなしに、急に地球付近に現れて、弾道ミサイルを地球に向けて撃ち込んできて正直意味不明でした。

 

良かった点

お馴染みのキャラクターの登場

フューリーやコールソンなどアベンジャーズでは馴染みのあるキャラクターたちが出てきた時はやはり「おお!」となってしまいました。

そして、映画の最初にある恒例のMARVELの文字が出てくるファンファーレのシーンは感動しました。
これはぜひ劇場でご覧ください。

ネコ

この映画の見所はズバリ、ネコです。
設定はよくわかりませんでしたが、可愛かった。

フューリーも作中でデレデレでした。

 

スポンサーリンク

 

以上感想としてはこんな感じです。
MARVELファンは見に行ったほうがいいかもしれません。

ここまで閲覧ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です